スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

KB_WotN_JP_0.56

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
KB_WotN_JP_0.56

Nordlig のサブクエスト更新
力スキル ルーンの力 を ルニックパワー に変更
(原文を重視したのに加え,ルーンの力のままでは
ユニット各自が発動できるスキル ルーンの力 と同じ名称になってしまうため)

サブクエストは放置してますが,それでも良ければどうぞ
スポンサーサイト
2013-04-29 : 日本語化 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

クラス紹介: ヴァイキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
ここではヒーローのクラスの 1 つである
ヴァイキング (Viking) について解説していきます

・ヴァイキングの特徴
ヴァイキングの強みは指揮できる軍勢の数ではなく
憤怒スキルとヴァルキリーの支援に集約されています
ヴァイキングは戦闘の達人であり
攻撃と防御はスカルドやスースセイヤーよりも速く伸びていきます
実際にはスカルドほど大軍勢を率いることができないにもかかわらず
憤怒とヴァイキングのスキルの効果により
最小限の損害に抑えながら敵に強烈なダメージを与えることができます
このクラスは 2 つの固有スキルを有しています: 不動の北方戦士, 絶対憤怒


統率はスカルドに及ばないものの
攻撃と防御が高く,憤怒スキルに特化しているのが特徴と言えるでしょう

レベルアップ時には might_rune力のルーン を最も多く取得することができるため
力スキル を効率的に伸ばしていくことが可能となります


それでは,まずはヴァイキングの装備部位を見てから長所と短所を解説していきます

こちらがヴァイキングの装備画面
左上から下に 1 つ 1 つ見ていきましょう



鎧 / 服
ベルト / グローブ



レガリア / アーティファクト

武器
武器 / 盾
レガリア / アーティファクト

この中で,ヴァイキングならではの特徴は
武器を 2 つ装備できる ということでしょう
今作では前作までのコンパニオンに相当するヴァルキリーに
アイテムを装備させることができないため
2 刀流ができるというのはかなりのアドバンテージかと思います

レガリア / アーティファクト のスロットも 2 種類あり
状況に応じて変更できる装備の幅が広いのも特徴となっています


・ヴァイキングの長所
前述のとおり,武器が 2 刀流できることで攻撃に特化することができる点と
might_rune力のルーン を大量に入手することができる点の 2 点
他のクラスでは全てを取得することが困難である力スキルですが
殆どのスキルを高レベルまで伸ばすことができる点が長所といえるでしょう

力スキルのところでも書きましたが
ヴァイキング専用スキルである 不動の北方戦士 と 絶対憤怒 について
少し解説していきます

不動の北方戦士(Steadfast Norse)
北方の激しい訓練により呪文によるダメージが減少し
不利な状態異常の効果時間も短縮されます
力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 10%

力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 10%
短縮される不利な状態異常の効果時間 1 (最小 1)

力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 20%
短縮される不利な状態異常の効果時間 1 (最小 1)


絶対憤怒(Absolute Rage)
クリティカルヒットのダメージが増加し
反撃時にクリティカルヒットが発生するようになります
また, ダメージを受けた後に兵団の攻撃力が増加します
力のルーン: 14
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 10%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +50%
クリティカルヒットのダメージ +10%

力のルーン: 15
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 25%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +75%
クリティカルヒットのダメージ +25%

力のルーン: 16
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 50%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +100%
クリティカルヒットのダメージ +50%


不動の北方戦士は他の 2 つのクラスの固有スキルに比べ
若干見劣りするかもしれませんが
今作では Debuff をかけられるとユニットの士気が減少してしまうため
Debuff の効果時間を短縮することができるのは役立つ場面も多いでしょう

絶対憤怒はその性能から
近接型ユニットが特に恩恵を受けることになるでしょう
それ以外にもクリティカルのダメージ自体が増加するので
クリティカルを当てることをメインとする戦術の場合は高火力を期待できます
エルフ,レンジャーとレイクフェアリー等の組み合わせもかなり輝くかと思います


・ヴァイキングの短所
レベルアップ時に入手できる magic_rune魔法のルーン の量がかなり少なく
魔法スキル を伸ばすことがかなり難しいことでしょう
特にスクロールから魔法を習得するために
それぞれ対応する魔法スキルを取得したいのですが
1 上げることすらかなりの負担となってしまう点が難しいところ

通常の戦闘では強力な憤怒スキルで敵を圧倒することが可能ですが
ボス戦は憤怒スキルが使用不可なため
かなり厳しい戦いを強いられるでしょう
とはいえ,攻撃の数値は他のクラスよりも高めになるはずなので
ユニット自体がボスに与えるダメージは他のクラスより優秀でしょう

ボス戦の雑魚は無限に召喚されるので
狂乱のスキルを習得しておくと
後半になるにつれ,こちらの火力も上がるため
時間と共に苦戦するという状況をある程度緩和することができるでしょう


以上でヴァイキングの解説を終わります
損害 0 に抑えるのは若干他のクラスよりも難しいですが
2 刀流のロマンや力スキルによる超火力等
圧倒的なダメージで気持ちよくなれるクラスかと思います
2013-04-25 : クラス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ダメージについて 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
簡単な説明のところでダメージについて少し述べましたが
具体的な例を挙げていけばよりわかりやすいと思い,書くことにしました

前回はダメージについて色々書いていきましたが
今回はユニットのステータスに表示されている 攻撃と防御 について
詳しく見ていきます


まず,攻撃と防御の簡単なおさらいから

攻撃: 敵にダメージを与える能力を表示している
攻撃が敵の防御を上回っている場合, 与えるダメージが増加する

相手の防御力を上回っていると与ダメージが増加し,最大で 300% まで増加する
逆に相手の防御よりも低いと与ダメが一気に下がったりも

防御: 敵からのダメージを軽減する能力を表示している
防御が敵の攻撃を上回っている場合, 受けるダメージが減少する

相手の攻撃力を上回っていると被ダメージが減少し,最大で 3分の1 まで減少する
防御力の他に物理,毒,魔法,炎,冷気,霊体の6属性について
それぞれ耐性が設定されている
耐性の最大値は 95% で,そこまで上げると被ダメが激減する

今回比較使うユニットは

ウォリアーメイデンと


オーガの2種でやってみようと思います

この選択にした主な理由として
ヴァイキング勢にヤールのスキル バトルコール をかけると
攻撃が 8 増加し,オーガの防御よりも高い数値になることが挙げられます
それ以外にも防御を下げる Debuff を何種類かに分けて行いました

ウォリアーメイデンはアビリティ 神々の使者 により
密着してしまうと相手の攻撃と防御を減少させてしまうため
比較にはウォリアーメイデンのスキル 憤怒の槍 を使うこととなりました
スキル使用時の位置関係は相手から 1 マス離れた位置から

それでは通常状態のダメージはこちら

これを基準に色々比較していきます

まずはバトルコールをかけてもらい

この状態で憤怒の槍を使うと


こうなりました
攻撃 +8 の効果がイマイチピンと来ないと思いますが
その +8 により相手の防御を凌駕するようになるとかなりダメージが増加しますね

以降の比較はバトルコールをかけていない,通常の状態での憤怒の槍になります

防御を減少する Debuff として選んだのは
炎上状態秩序魔法ヘルプレスネス
どちらも防御を下げることができます

まずは炎上状態から

攻撃も下がっているのは不利な状態異常が付与されたことにより
士気が 1 減少しているため

この状態で憤怒の槍を使うと

こうなりました
炎上状態は頻繁に起こると思うので
これを頭に入れておくと与ダメの効率がかなり上がると思います

次に,秩序魔法ヘルプレスネス

防御 -75% と非常に強力ですが,実際にオーガにかけてみると

これほど防御が下がるとは思ってなかったので驚き

この状態で憤怒の槍を使うと

与ダメが跳ね上がりました
ここまで下がるともはやレベル 1 のユニット並ですね

あまり差はないかもしれませんが,炎上状態 + ヘルプレスネスにすると

防御が 1 になってしまいました
攻撃がさらに下がっているのは
不利な状態異常が複数存在し,士気が 2 減少しているため

この状態で憤怒の槍を使うと

こうなりました
防御 2 から 1 になっただけなのでそれほど差は出ませんでしたが
士気がさらに減少しているのは他の場面で有用かと思います


ということでヘルプレスネスはともかく
レッドドラゴン等を使うと炎上状態は常に狙っていける割に
かなりの効果が望めることがわかったかと思います
高難度でスタートした場合でも Buff と Debuff を上手く使うことにより
劣勢でも打開できるところが King's Bounty の面白いところですね
2013-04-17 : 情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ダメージについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
簡単な説明のところでダメージについて少し述べましたが
具体的な例を挙げていけばよりわかりやすいと思い,書くことにしました

攻撃と防御の増減のダメージ差は次回ということで
今回はユニットのステータスに表示されている ダメージ について
詳しく見ていきます


まずはエルフの通常のステータスから


この場合,ソーンハンターへの通常攻撃の与ダメはこうなります


ここで,射撃や投擲のダメージを増加させることができる歪曲魔法プレシジョン

をエルフにかけると


エルフのダメージは 6-8 に増加します

この時の与ダメはこちら


さらに,炎属性のダメージを追加する混沌魔法ヘルブレス

をエルフにかけると


エルフのダメージは 8-10 に増加します

この時の与ダメはこちら

相手は炎属性に弱いソーンハンターということもあるが
何もしていない状態に比べ,2.5倍ものダメージになる

最後に,その場にいる対象の炎属性耐性を減少させる歪曲魔法オイルミストを使うと


与ダメはこうなります


エルフにはスキル ダブルショット があります
この状態でダブルショットを使用すると驚愕の数字が現れます

補助魔法が如何に強力かということですね

この時,自軍勢にレイクフェアリーがいると
ハンターズ マークを使用することで,弓兵の攻撃が100%クリティカルとなります
で,ダブルショットを放った結果がこれ

遠隔攻撃でこれほどの火力が出せるのは強烈の一言



次に,簡単な説明でも触れましたが
ユニットのダメージを増加させるアイテムを絡めて説明していきます

まずはフォレストフェアリーの通常のステータスから


デビルフィッシュに対する与ダメはこちら


ここで,ユニットに炎属性のダメージを +1 するアイテム Whip of Pain

を装備すると


フォレストフェアリーのダメージは 2-4 に増加します

この時の与ダメはこちら

相手が炎属性に弱いデビルフィッシュとはいえ
ダメージ +1 で与ダメが跳ね上がりました
たった +1 でも最低ダメと最高ダメが両方 +1 されるとこれほど強力なわけですね

さらに,炎属性のダメージを追加する混沌魔法ヘルブレスを
フォレストフェアリーにかけると

フォレストフェアリーのダメージは 2-5 に増加します
この時のヘルブレスの効果は +39% だったので
+50% 以上の効果の場合は最低ダメージも 1 増加したかも

この時の与ダメはこちら


最後に,その場にいる対象の炎属性耐性を減少させる歪曲魔法オイルミストを使うと
与ダメはこうなります

これも通常時に比べると与ダメが激増していますね


ということで文字だけだとイマイチわかりにくかったダメージ +1 の効果ですが
具体例と合わせると予想よりも強力だと感じた人は多いのではないでしょうか
特に Whip of Pain のようなアイテムがあると戦略の幅がかなり広がるので
これを機に素敵な組み合わせを色々考えていくのも
King's Bounty の楽しさの 1 つかなと思っています
2013-04-10 : 情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

KB_WotN_JP_0.54

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
KB_WotN_JP_0.54

チュートリアルと父親の会話更新
オーガリーダーをオークチーフテンに変更
(原文を重視したのに加え
オークの要求統率を減らす装備でオーガは除外されてこちらには適用されていたため)

ついでに勢力紹介のところも直した

サブクエストは放置してますが,それでも良ければどうぞ
2013-04-08 : 日本語化 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。