スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

勢力紹介: オーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
主に Tungsinn 島でヴァイキング達と共存共栄している種族である
オーク について解説していきます

訳が気に入らない場合のために,原文も記載しておきます

なお,各種属性耐性は
ユニットのアビリティで増加する分を追加済みの数値となっています
物理 魔法 冷気 霊体

この色のスキルは敵用
この色のスキルは味方(自分)用
この色のスキルは敵と味方用(アドレナリントーテムは
倒れた兵団の位置に敵と味方問わず設置することができるため)


・オークの特徴
Murok に住んでいるオークやゴブリン族であり, 獰猛な戦士達
オークはデーモンやリザードマンを嫌っており, アンデッドと戦争しています


オークを特徴付けているものはなんといってもアドレナリンだろう
ここでアドレナリンについて説明していきます

戦闘時, アドレナリンが蓄積されるとオークの兵団は強化される
攻撃か反撃をすると, オークのアドレナリンは 4-6 増加する
ただ移動しただけの場合, オークのアドレナリンは 3-5 減少する
敵兵団を撃破すると, 味方の全てのオークは 10-12 のアドレナリンを得る

アドレナリンレベルは 0-3 で設定されており
レベルが上がると使えるスキルが増えたり,アビリティが強力になる
スキルを使用するとアドレナリンが減少する
ヒーローのスキルを上げるとアドレナリンの最大値や
戦闘開始時にアドレナリンを少し有した状態になったりする
移動しただけでは減少してしまうのが難しいが
高レベルを維持した時のオーク勢の強さは特筆すべきものがあるので
なんとか高い数値のアドレナリンを維持しておきたいところである

ユニット一覧







それでは個別に解説していきます

・ゴブリン(Goblin)
goblin
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・ポイズン(Poison)
回数: 2
この兵団は斧に毒を塗っている
スキル使用後 2 回攻撃する間, 通常のダメージに加え, 対象を毒状態にする
使用後もゴブリンのターンは終了しない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する
・ゴブリンの憤怒(Goblin Rage)
リロード: 1
ゴブリンは力の限り斧を投げつけ
3-6 ポイントのダメージを与え, 対象を 1 マスノックバックさせる
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・射手(Shooter)
主要攻撃が炎, 射撃, 投擲などの遠隔攻撃
・近接攻撃ペナルティなし(No Melee Penalty)
この兵団は近接攻撃も遠隔攻撃と同じダメージを与える
・集中砲火(Zeroing In)
ゴブリンの投擲による攻撃はアドレナリンレベル毎に 30% ずつ増加し
最大で攻撃が 90% 増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・ジャイアントキラー(Giant Killer)
小さなゴブリン達は巨大な敵に恐怖を覚えるが, それを逆に利用する
恐怖を怒りに変えることで
レベル 5 クリーチャーに対し, 与えるダメージが 20% 増加する
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '集中砲火'
アドレナリンレベル 2 :
最大ダメージ +1
スキル: 'ポイズン'
アドレナリンレベル 3 :
最低ダメージ +1
スキル: 'ゴブリンの憤怒'

オーク勢の数の暴力的ユニット
とはいえ,レベル 2 クリーチャーであり,他勢力と比べると要求統率は高い
コブリンの通常攻撃は斧の投擲であるため
常に敵を攻撃することができ,アドレナリンを溜めやすいユニットとなっている

ゴブリンはスキル ポイズン により
毒を塗ってから 2 回の攻撃は対象を毒状態にすることができる
使用回数も 2 回なので,計 4 回毒撃を繰り出すことになる
ゴブリンの憤怒は対象を 1 マスノックバックさせることができる
状況によってはその 1 マスが非常に役立つこともあるだろう

ゴブリンはアビリティも優秀である
集中砲火により,ゴブリンの攻撃は最大 90% 増加し
アドレナリンレベル2,3でそれぞれ
最大ダメージ,最低ダメージが +1 される
数の暴力型であるため,この +1 により火力は大きく向上するだろう

・フューリアスゴブリン(Furious Goblin)
furious_goblin
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・疾走(Run)
回数: 1
この兵団は 2 ポイントの追加アクションポイントを得る
使用後も兵団のターンは終了しない

・ゴブリンの傲慢(Goblin Insolence)
リロード: 2
フューリアスゴブリンは敵に走り寄り, 打撃を加えると, 素早く逃げ去る
敵はこの豪胆さに非常に驚き, 反撃することができない
3-10 の物理ダメージを与える
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 20 減少する

・ゴブリングリード(Goblin Greed)
回数: 2
フューリアスゴブリンはお金が見つかることを期待して
戦死した兵団の死体を探す
使用後もフューリアスゴブリンのターンは終了しない
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する


アビリティ
・短気(Irascible)
フューリアスゴブリンはダメージを受けると
呪文の力を借りることでアドレナリンレベル毎にスピードが 1 増加する
最大でスピードが 3 増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・ジャイアントキラー(Giant Killer)
小さなゴブリン達は巨大な敵に恐怖を覚えるが, それを逆に利用する
恐怖を怒りに変えることで
レベル 5 クリーチャーに対し, 与えるダメージが 20% 増加する
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '短気'
アドレナリンレベル 2 :
HP +5
スキル: 'ゴブリンの傲慢'
アドレナリンレベル 3 :
クリティカル率 +5%
スキル: 'ゴブリングリード'

オーク勢の マローダー に相当するユニットか
特徴的なのは脅威のイニシアチブ 8 であろう
初期スピードが 3 なのも素晴らしい
さらにアビリティ 短気 によってスピードが増加する余地がある
先手を取りたいのであれば欠かせないユニットになるだろう

・ゴブリンシャーマン(Goblin Shaman)
goblin_shaman
通常攻撃: 物理 霊体
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・生命の糸(Thread of Life)
回数: 1
最大統率 @360 までの 2 つの兵団の命を結びつける
4 ターンの間, 第一の兵団が受けたダメージの何割かを第二の兵団に移す
第一の兵団がオークの種族である場合
受けたダメージの 50% を移し, 20% のダメージしか第一の兵団は受けない
発動する毎に, この呪文の効果時間は 1 減少する
マジックシールド(アーチメイジのスキル)や生命の糸を兵団にかけていた場合
マジックシールドの効果は消滅し
生命の糸の効果は新しくかけたものに上書きされる
生命の糸の効果はディスペルで打ち消すことができない

・祖先の呪い(Curse of the Ancestors)
リロード: 1
ゴブリンシャーマンは自身を生贄にして魂となり
霊界から敵を攻撃し 8-10 ポイントの霊体ダメージを与える
兵団の兵士数が 1 名の場合, このスキルを使用することはできない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する

・献身(Dedication)
回数: 3
ゴブリンかフューリアスゴブリンから新たに補充することで, 兵士数が増加する
献身の試みは本当に難しく, 1-3 名のゴブリンの内
1 名しか通常は生き残ることはできない
少なくとも 1 名以上の新たなシャーマンが誕生しない場合
ゴブリンシャーマンは献身を行うことができない
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・ゴーストアクス(Ghost Axes)
ゴブリンシャーマンの投げる魔法の斧は
距離制限や耐性を無視し, 防御の 30% も無視する
アドレナリンレベル 3 になると
この魔法の斧が当たる毎に対象の耐性は 2% ずつ減少し
最大で -10% まで減少する

・近接攻撃ペナルティなし(No Melee Penalty)
この兵団は近接攻撃も遠隔攻撃と同じダメージを与える
・スピリットウォーカー(Spirit Walker)
アドレナリンレベル毎に
魔法耐性は 10% ずつ
霊体耐性は 15% ずつ増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: 'スピリットウォーカー'
アドレナリンレベル 2 :
イニシアチブ +1
スキル: '祖先の呪い'
アドレナリンレベル 3 :
斧を投擲すると, 対象の耐性が 2% 減少する(最大で 10% 減少する)
スキル: '献身'

かなり特殊な性能を持ったユニット
通常攻撃はゴーストアクスの投擲で
霊体属性も含んでいるため軽減されにくい
アドレナリンレベル 2 になるとイニシアチブが +1 されるので
なかなかの素早さになる
スピリットウォーカーにより,魔法,霊体耐性共に優秀な数値となる

スキルは全て特徴的な性能を有しており
生命の糸はダメージの一部を敵に送ることができる
ディスペルで打ち消すことができない点が非常に嫌らしい
祖先の呪いは自身を生贄にするため,損害を受けることが確定してしまうが
霊体属性であり,その威力は凄まじいものがある
軍勢にゴブリンやフューリアスゴブリンがいる場合
献身を使うことでゴブリンシャーマンの兵力を回復することができるが
説明文にもあるように,変換性能はあまり良いとはいえない
とはいえ,祖先の呪いで消耗したゴブリンシャーマンの兵力を回復させたい場合は
役立つこともあるだろう

・カタパルトゴブリン(Goblin with Catapult)
goblin_with_catapult
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 -50 0 0

スキル
・ファイアショット(Fiery Shot)
リロード: 1
炸裂弾を発射し, 8-13 ポイントの炎ダメージを対象と周囲の兵団に与える
50% の確率で対象は炎上状態になる
アドレナリンレベル 1 の時, 爆弾や火薬樽の爆発が保証される

・ゴブリンコマンダー(Goblin Commander)
リロード: 2
既に行動終了した味方のゴブリンの兵団が再行動することが可能になる
最大統率 @260 までの兵団にのみ効力を発揮する
使用後もカタパルトのターンは終了しない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 5 減少する
・爆薬(Explosives)
リロード: 3
4 マス以内の距離の場所に爆弾を設置する
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・射手(Shooter)
主要攻撃が炎, 射撃, 投擲などの遠隔攻撃
・攻城兵器(Siege Weapon)
障害物やバリア, グレムリンタワーに対しては
基礎攻撃の 200% のダメージを与える
・炎に弱い(Vulnerable to Fire)
炎攻撃耐性 -50%
・指揮官(Commander)
ゴブリン, フューリアスゴブリン, ゴブリンシャーマンの士気 +1
・リクルーター(Recruiter)
戦闘後, 2-4 体のゴブリンが軍勢に加わる
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
スキル 'ファイアショット' 使用時に爆弾か火薬樽の爆発が保証される
アドレナリンレベル 2 :
クリティカル率 +10%
スキル: 'ゴブリンコマンダー'
アドレナリンレベル 3 :
炎攻撃耐性 +30%
スキル: '爆薬'

投石器と共に移動しているゴブリン達の指揮官
スキル ファイアショット は範囲攻撃かつ炎上状態にすることができ
さらにリロードも 1 と短いため,お世話になるだろう
アドレナリンレベル 2 で使用可能になるゴブリンコマンダーは
アドレナリン減少値が 5 と少ないにもかからわず
ゴブリンを再行動可能にする優秀なスキル
使用してもカタパルトのターンが終了するわけではないので積極的に使っていける

また,アビリティ 攻城兵器 を持っており
グレムリンタワーを破壊する必要がある戦闘ではかなりの役に立つだろう
基本的には炎に弱く,炎攻撃耐性が -50% ではあるが
アドレナリンレベル 3 になると炎攻撃耐性が +30% されるので
ある程度炎ダメージを軽減することができるだろう

・オーク(Orc)
orc
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 0 0 0 0 0

スキル
・疾走(Run)
回数: 1
この兵団は 2 ポイントの追加アクションポイントを得る
使用後も兵団のターンは終了しない
・憤怒のポーション(Potion of Rage)
回数: 1
調合した特別なキノコを摂取し
このキノコの作用により常に敵の攻撃に反撃するようになる
このポーションの効果は 2 ターン続き
また, ヒーローの憤怒が 3-5 増加する
調合物を摂取した後も, この兵団のターンは終了しない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 8 減少する

・猛撃(Onslaught)
リロード: 3
兵団は敵か障害物にぶつかるまで一直線に走る
敵にぶつかった場合, 10-14 ポイントの物理ダメージを与え
1 マスノックバックさせる
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する


アビリティ
・重装備(Armored)
物理攻撃耐性 10%
・獰猛(Fierce)
オークの反撃時の攻撃は常にクリティカルとなる
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '獰猛'
アドレナリンレベル 2 :
クリティカル率 +6%
スキル: '憤怒のポーション'
アドレナリンレベル 3 :
ダメージ +1
スキル: '猛撃'

憤怒のポーションはヒーローの憤怒も回復するのが特徴
摂取した後は常に反撃するようになるので
その特徴を活かすため,猛撃で敵の懐に飛び込み
反撃で敵の兵力を削っていくという選択肢も十分にあり得る
アビリティ 獰猛 により反撃は全てクリティカルとなるので
かなりの戦果が期待できるだろう

・オークハンター(Orc Hunter)
orc_hunter
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・アニマルテイミング(Training)
回数: 1
最大統率 @80 までのレベル 1-3 の動物の兵団をあなたの軍勢に引き込む
この兵団は 2 ターンの間, オークハンターの側に立って戦う
・ネット(Net)
リロード: 2
隣接した敵兵団に強力な網を投げつける
対象は網に絡まり 2 ターンの間移動不可能になる
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する

・ペット(Pet)
リロード: 3
オークハンターは仲間の野生動物を呼ぶことができ
受けたダメージはお互い共有するようになる
使用後もオークハンターのターンは終了しない
召喚した動物の総統率: 39-52
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・ハンター(Hunter)
動物に与えるダメージが 150% 増加する
・一匹狼(Loner)
オークハンターは単独行動を好む
自軍の兵団が半径 2 マス以内に存在しない場合, 攻撃と防御が +5 増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・自然主義者(Naturalist)
自軍の全ての動物のスピードが 1 増加する
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '一匹狼'
アドレナリンレベル 2 :
スピード +1
スキル: 'ネット'
アドレナリンレベル 3 :
物理攻撃耐性と毒攻撃耐性 +10%
スキル: 'ペット'

イニシアチブ 6,スピード 3 となかなか優勝な上に
アドレナリンレベル 2 でさらにスピードが +1 される
この機動力により,アビリティ 一匹狼 も発動しやすいだろう

スキル ネット は敵の動きを完全に封じることができ,使いやすい
ペット は動物を召喚するスキルだが
他の召喚スキルと一線を画す点として
ペットとオークハンターでダメージを共有するということが挙げられる
上手く使うことでオークハンターの被ダメを減らすことができるだろう

・ベテランオーク(Veteran Orc)
veteran_orc
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 0 0 0 0 0

スキル
・疾走(Run)
回数: 1
この兵団は 2 ポイントの追加アクションポイントを得る
使用後も兵団のターンは終了しない
・憤怒のポーション(Potion of Rage)
回数: 2
調合した特別なキノコを摂取し
このキノコの作用により常に敵の攻撃に反撃するようになる
このポーションの効果は 3 ターン続き
また, ヒーローの憤怒が 6-8 増加する
調合物を摂取した後も, この兵団のターンは終了しない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 8 減少する

・怒りの一撃(Fury Attack)
リロード: 3
この兵団は一度に 3 マス攻撃することができ
それぞれに 13-16 ポイントのダメージを与える
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 12 減少する


アビリティ
・カウンターアタック(Counterattack)
敵が反撃してきた場合, ベテランオークは敵にもう一撃加える
こちらが敵に対して反撃する場合や, 激怒している敵の場合は機能しない
・重装備(Armored)
物理攻撃耐性 10%
・俊敏な動き(Nimble)
オークの兵団は (アドレナリンレベル * 5)% 敵の攻撃を回避することができる
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '俊敏な動き'
アドレナリンレベル 2 :
攻撃と防御 +5
スキル: '憤怒のポーション'
アドレナリンレベル 3 :
クリティカル率 +6%
スキル: '怒りの一撃'

レベル 4 ユニットにしては要求統率が低め
ベテランオークの憤怒のポーションはオークのそれよりも使用回数が多い上に
持続時間も 3 ターンと長くなっている
ヒーローの憤怒増加量も上昇しているので役立つ局面は多い

疾走は 1 回しか使えないが,スピードが 5 となり,接近するには十分だろう
スキル 怒りの一撃 やアビリティ カウンターアタック の存在により
前線で戦うことで持ち味を発揮できるユニットである

・オークシャーマン(Shaman)
shaman
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・ダンシングアクス(Dancing Axes)
リロード: 2
前方に霊体の斧を召喚し, 20-25 ポイントの魔法ダメージを与える
与えたダメージの内 50% の分だけ
オークシャーマンと負傷した兵団の HP は回復する
アドレナリンレベルが 1 上がるにつき
与えたダメージの内 10% の分だけヒーリングの回復量が増加する

・生命のトーテム(Totem of Life)
リロード: 3
オークシャーマンは戦場にトーテムを置き
味方の防御を増加させると共に毎ターン HP を回復させる
範囲: 2
HP: @7
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 12 減少する

・死のトーテム(Totem of Death)
リロード: 3
オークシャーマンは戦場にトーテムを置き
敵兵団のスピードを減少させると共に毎ターンダメージを与える
範囲: 2
HP: @10
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・アドレナリンコントロール(Adrenaline Control)
戦闘開始時に, このユニットのアドレナリンは +10 される
ターン開始時に (アドレナリンレベル * 10) の確率で
アドレナリンが再充填される
・栄光への渇望(Thirst for Glory)
自軍の兵団のアドレナリンレベルが上がった時に
この兵団のアドレナリンは増加する
・スピリットウォーカー(Spirit Walker)
アドレナリンレベル毎に
魔法耐性は 10% ずつ
霊体耐性は 15% ずつ増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: 'スピリットウォーカー'
アドレナリンレベル 2 :
イニシアチブ +1
スキル: '生命のトーテム'
アドレナリンレベル 3 :
HP +20
スキル '死のトーテム'

騎乗しているがスピードはそれほど高くない
ダンシングアクス は与えたダメージの一部で
味方の HP を回復することができる優秀なスキル
複数の兵団を同時に回復できるので役立つだろう
さらに,この回復は魔法扱いではなく,ブラックドラゴンやサイクロプス等
ヒーリングで回復することができないクリーチャーであっても回復できるのが強み
生命のトーテム,死のトーテムは範囲こそそれほど広くないものの
前者はターン開始時に範囲内の味方の HP 回復
後者は範囲内の敵のスピード減少と性能は高く,使える局面は多い

アビリティ アドレナリンコントロール と 栄光への渇望 の効果により
攻撃することができなくてもアドレナリンを補充しやすいのも利点だろう

・ブラッドシャーマン(Blood Shaman)
blood_shaman
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・血の海(River of Blood)
リロード: 2
対象に呪いをかけ, 古傷を全て開かせる
対象はおびただしい出血が 3 ターン続く

・アドレナリントーテム(Totem of Adrenaline)
リロード: 3
倒れた兵団の代わりに, ブラッドシャーマンは血のトーテムを置き
敵の防御を減少させると共に
味方のオークは毎ターン 2-4 アドレナリンを得るようになる
範囲: 2
HP: @8
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 12 減少する

・憤怒の精霊(Spirits of Rage)
リロード: 3
精霊を召喚し敵兵団を攻撃する
この精霊は 16-20 ポイントの霊体ダメージを与える
止めを刺した場合, その場に Zlogn が発生する
Zlogn を攻撃すると爆発し
隣接している全ての兵団は 50% のダメージを受ける
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・アドレナリンコントロール(Adrenaline Control)
戦闘開始時に, このユニットのアドレナリンは +10 される
ターン開始時に (アドレナリンレベル * 10) の確率で
アドレナリンが再充填される
・栄光への渇望(Thirst for Glory)
自軍の兵団のアドレナリンレベルが上がった時に
この兵団のアドレナリンは増加する
・スピリットウォーカー(Spirit Walker)
アドレナリンレベル毎に
魔法耐性は 10% ずつ
霊体耐性は 15% ずつ増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・寛容(Tolerance)
軍勢にアンデッドがいる場合であっても, 士気ペナルティを受けない
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: 'スピリットウォーカー'
アドレナリンレベル 2 :
イニシアチブ +1
スキル: 'アドレナリントーテム'
アドレナリンレベル 3 :
HP +25
スキル: '憤怒の精霊'

アドレナリントーテムを設置することができるシャーマン
設置場所は兵団の遺体の上に限定されているが
毎ターンアドレナリンが補充されるようになるのは魅力的
スキル 血の海 はダメージを与えることもなく,呪いと出血の付与のみという効果で
一見微妙に感じるかもしれないが凶悪なスキルである
今作は不利な状態異常を受けた場合,士気が減少する
複数の状態異常になれば士気が -2 されてしまう
具体的に画像を見ればわかりやすい
攻撃と防御の減少が顕著
このようにレベル 5 ユニットの攻撃と防御をこれほど減少させることができる
敵が同スキルを使ってきた時は要注意である
自分は硬いはずと思っていても,士気の低下により思わぬ大ダメージを被ってしまう
逆に言うと強大な敵の能力を一気に半減させることができるため
不利な状態異常を扱う場合は意識すべきポイントであろう

憤怒の精霊は霊体属性のため,高ダメージを期待できる
止めを刺した場合は Zlogn が発生するので,さらなるダメージを敵に与えていきたい
アビリティ 寛容 を持っているのはこのためなのだろう

・オーガ(Ogre)
ogre
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 10 0 10 0 0

スキル
・ドレイン(Drain)
回数: 1
魔力が付与された魔法の棍棒の力を借りて
オーガは敵兵団のアクションポイントを奪う
・オーガの怒り(Ogre's Rage)
リロード:3
オーガは憤怒状態になり, 1 アクションポイントが追加される
2 ターンの間, 攻撃も 100% 増加する
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する

・強烈な一撃(Forceful Strike)
リロード: 3
敵兵団を空高く放り投げ, 2 マス以内のどこかのマスに叩きつける
対象は 50-60 ポイントのダメージを受け, 1 ターンの間スタンする
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・重い一撃(Heavy Hand)
この兵団が攻撃した時に 30% の確率で対象のスピードが 2 減少する
浮遊クリーチャーに対するダメージが 125% に増加し
飛行クリーチャーに対するダメージが 150% に増加する
アドレナリンレベル 1 から使用可能
・分厚い皮膚(Thick Skin)
オーガの持つ硬く分厚い皮膚により, 物理 ,炎 ,毒耐性が 10% 増加する
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '重い一撃'
アドレナリンレベル 2 :
イニシアチブ +1
スキル: 'オーガの怒り'
アドレナリンレベル 3 :
攻撃と防御 +10
スキル: ''強烈な一撃'

オーガは強力なスキルが多い
まず,ドレインは対象のアクションポイントを奪い
対象を行動終了させつつ増加したスピードで一気に接近することができる
他ユニットの 疾走 の上位互換に近い性能だろう
次に,オーガの怒りによりオーガの攻撃は飛躍的に高まる
元々攻撃の基礎値が高いため,100% 増加で驚異的な数値になるだろう
最後に,強烈な一撃は場所指定こそできないものの
反撃を受けずに敵の位置を変更することができる優秀なスキル
アドレナリンレベル上昇による恩恵も大きく
レベル 2 のスピード +1,レベル 3 の攻撃と防御 +10 と
アドレナリンの溜まったオーガは手をつけられない

・オークチーフテン(Orc Chieftain)
orc_chieftain
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 10 0 10 0 0

スキル
・嘲笑(Sneer)
リロード: 4
レベル 1-4 の敵を愚弄し, まだ行動していない兵団を怒らせる
怒った敵はスキル使用者を真っ先に倒そうと向かってくる

・叱責(Scolding)
リロード: 4
この兵団は近くのマスにいるまだ行動していない味方のオークに
大声で叫び, 怒りをぶちまける
スキル使用者は落ち着きを取り戻し
叱責されたオークはアドレナリンが湧き上がる
1 ターンの間, 叱責されたオークの兵団は
全ての攻撃時とスキル使用時, 2 倍のダメージを与える
このスキルを使用した兵団のアドレナリンは
全て選択したオークの兵団に送られる
使用後もこの兵団のターンは終了しない
アドレナリンレベル 2 時に使用可能
アドレナリンが 10 減少する

・大群の力(Power of the Horde)
回数: 2
ヒーローの軍勢にいるゴブリン, オーク, オーガの総数に
それぞれのクリーチャーレベルを掛けた数値と同等の魔法ダメージを与える
1 ターンの間, 兵団のイニシアチブは 1 減少する
アドレナリンレベル 3 時に使用可能
アドレナリンが 15 減少する


アビリティ
・蹂躙(Devastate)
オークチーフテンは敵兵団を攻撃する時, その対象の後ろにいる兵団に対しても
対象に与えるダメージの 25% のダメージを与える
アドレナリンレベル 1 では
後ろの兵団に与えるダメージは対象に与えるダメージの 100% に増加する

・重装備(Armored)
物理攻撃耐性 10% 炎攻撃耐性 10%
・毒耐性(Poison Protection)
毒攻撃耐性 10%
・指揮官(Commander)
オーク, オークハンター, ベテランオーク
オークシャーマン, ブラッドシャーマンの士気 +1
・リクルーター(Recruiter)
戦闘後, 1-2 体のオークが軍勢に加わる
・貪欲(Greedy)
敵兵団を倒すと, この兵団は戦利品を先取りして
戦闘が終了するまで士気が 1 増加する
・アドレナリン(Adrenaline)
アドレナリンレベル 1 :
アビリティ: '蹂躙' により選択した対象の後ろにいる兵団に対しても
対象に与えるダメージの 100% のダメージを与えるようになる
アドレナリンレベル 2 :
攻撃と防御 +10
スキル: '叱責'
アドレナリンレベル 3 :
スピード +1
ダメージ +10%
スキル: '大群の力'

オークチーフテンは自身の強さもさることながら
他のオーク勢の力を引き出すことにも秀でている
スキル 叱責 は選択した対象が 2 倍ダメージを与えるだけでなく
オークチーフテンのアドレナリンも移すことができる
従って,選択した対象は多くの場合アドレナリンレベル 3 になり
スキルの選択肢を増やしながら 2 倍ダメージを与えることとなる
また,大群の力は兵士数*クリーチャーレベルでダメージが決まるため
単位あたり要求統率の少ない
ゴブリン,フューリアスゴブリン,オーク,ベテランオークを絡めた編成にすると
より大きなダメージを期待できるだろう

オークチーフテンはアビリティ 蹂躙 により
攻撃する兵団の 1 マス後ろにいる兵団にもダメージを与えることができる
アドレナリンレベル 1 になれば後ろの兵団にも 100% のダメージが通るようになり
敵兵の削り役としても重宝するだろう


以上でオークの解説を終わります
全てはアドレナリン次第だが
上手く運用できれば他勢力を圧倒できるほどの強さになるでしょう
関連記事
2013-03-27 : 勢力 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。