スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スキル紹介: 力

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
ここではヒーローのスキルの 1 つである
力(might) スキル について解説していきます

訳が気に入らない場合のために,原文も記載しておきます

スキルを習得するためには以下の 3 つのルーンが必要となる

might_rune力のルーン
spirit_rune精神のルーン
magic_rune魔法のルーン


力スキルは主に might_rune.jpg 力のルーン を消費して習得する
力のルーンは初期クラスをヴァイキングにした場合
レベルアップ時に多く入手することができる

力スキルは主に最大憤怒量や攻撃,防御を増加する
ヴァルキリーアミュレットを使用時に選択することができる
憤怒スキルに密接に関連している
力スキルを極めたヒーローは兵団が叩き出す強烈なダメージや
1 ターンに 2 回使用可能な憤怒スキルにより
敵軍勢を圧倒することができるだろう

・スキルツリー


それではスキルを左上から右に解説していきます

・勇壮(Heroism)
戦闘で兵団が示した勇気や武勇により, ヒーローの攻撃は増加します
力のルーン: 4 精神のルーン: 1
攻撃 +1

力のルーン: 9 精神のルーン: 2
攻撃 +3

力のルーン: 13 精神のルーン: 3
攻撃 +6

攻撃が増加するスキル
基本的には下のスキルの前提となるレベル 1 を習得すれば十分だが
さらなる攻撃力が欲しい場合や力のルーンに余裕が有る場合は選択の余地がある

・耐性(Resistance)
防御が増加し, より敵の攻撃への耐性がつきます
力のルーン: 4 精神のルーン: 1
防御 +1

力のルーン: 9 精神のルーン: 2
防御 +3

力のルーン: 9 精神のルーン: 2
防御 +5

防御が増加するスキル
こちらも下のスキルの前提となるレベル 1 を習得すれば十分だが
防御が欲しい場合は選択の余地がある
レベル 3 の効果は勇壮と異なり +5 だが
その分要求ルーンが少なく設定されている

・憤怒制御(Rage Control)
最大憤怒が増加します
また, 全てのヴァイキングの攻撃が増加し
オークの最大アドレナリンの量も増加します
力のルーン: 9 精神のルーン: 2
ヴァイキングの攻撃 +1
最大憤怒 +8
最大アドレナリン +10

力のルーン: 10 精神のルーン: 2
ヴァイキングの攻撃 +2
最大憤怒 +16
最大アドレナリン +20

力のルーン: 11 精神のルーン: 2
ヴァイキングの攻撃 +3
最大憤怒 +24
最大アドレナリン +30

レベル 1 の習得もやや消費ルーンが多いが,最大憤怒が増加するのは有用だろう
憤怒が足りない場合やヴァイキング勢,オーク勢をメインとしている場合は
レベルを上げる価値は十分にある

・猛撃(Onslaught)
迅速な決断は勝利に直結します!
最初のターンにおいて, 兵団のイニシアチブにボーナスが付きます
また, 最大憤怒が増加し, オークは追加アドレナリンを得ます
力のルーン: 10 精神のルーン: 1
イニシアチブ +1
最大憤怒 +5
自軍のオークに合計 10 アドレナリンが割り振られる

力のルーン: 10 精神のルーン: 2
イニシアチブ +2
最大憤怒 +8
自軍のオークに合計 20 アドレナリンが割り振られる

力のルーン: 10 精神のルーン: 3
イニシアチブ +3
最大憤怒 +10
自軍のオークに合計 30 アドレナリンが割り振られる

戦闘開始後,最初のターンのみ兵団のイニシアチブが増加する
最初のターンのみと聞いて微妙に思えるかもしれないが
共に兵力が多い状態で先手を取ることができるということは
敵の行動前に魔法や憤怒スキルを使用することができるということでもあり
このイニシアチブ増加で助かる局面もかなり多いはず
とはいえ,レベル 2 以降の習得がどれほど効果的なのかは自軍の構成によるだろう

・不動の北方戦士(Steadfast Norse) *ヴァイキングのみ習得可能
北方の激しい訓練により呪文によるダメージが減少し
不利な状態異常の効果時間も短縮されます
力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 10%

力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 10%
短縮される不利な状態異常の効果時間 1 (最小 1)

力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 1
呪文によるダメージの減少 20%
短縮される不利な状態異常の効果時間 1 (最小 1)

ヴァイキングのみ習得可能なスキル
King's Bounty: Warriors of the North では
不利な状態異常をかけられると兵団の士気が低下してしまうため
効果時間が短縮されるのはありがたいだろう

・憤怒の活性(Action Rage)
憤怒スキル使用後の休息時間が短縮されます (ヒーロースキルのみ適用)
力のルーン: 6 精神のルーン: 2
短縮される憤怒スキル使用後の休息時間 1 (最小 1)
戦闘開始時にレベル 1-2 のオークユニットの中からランダムで 1 種だけ
アドレナリンがブーストされる

力のルーン: 8 精神のルーン: 2
短縮される憤怒スキル使用後の休息時間 2 (最小 1)
戦闘開始時にレベル 1-3 のオークユニットの中からランダムで 1 種だけ
アドレナリンがブーストされる

力のルーン: 10 精神のルーン: 2
短縮される憤怒スキル使用後の休息時間 3 (最小 1)
戦闘開始時にレベル 1-4 のオークユニットの中からランダムで 1 種だけ
アドレナリンがブーストされる

憤怒スキルは合計 9 種類あるが,憤怒の活性の対象となっているスキルは
ヴァルキリーを召喚する 5 種類は含まれていない点に注意
つまり,Viking Vortex,Ice Blades,Lord of the North,Loki's Aid
の 4 種がこのスキルの対象である
少ないと思うかもしれないが,高レベルの Viking Vortex や Loki's Aid
を休息を必要とせず毎ターン連発できるのは非常に強力

・狂乱(Frenzy)
敵を倒した兵団は熱狂し, 攻撃ボーナスを得るようになります
力のルーン: 5 精神のルーン: 2
攻撃 +2

力のルーン: 7 精神のルーン: 2
攻撃 +4

力のルーン: 10 精神のルーン: 2
攻撃 +6

敵兵団に止めを刺したユニットの攻撃が増加する
とどめ刺さす毎に増加していくため
1 つの兵団が全てとどめを刺していくと,攻撃の数値が凄いことになる
ボス戦では敵兵団が無尽蔵に召喚されるため,かなり有効だろう

・早撃ち(Quick Draw)
矢を速射する技術を身に着けた弓兵は
敵弓兵よりも速く矢を射ることで, 先制攻撃することができるようになります
力のルーン: 8 精神のルーン: 1
攻撃 +3
弓兵のイニシアチブ +1

力のルーン: 9 精神のルーン: 2
攻撃 +5
弓兵のイニシアチブ +2

力のルーン: 10 精神のルーン: 3
攻撃 +7
弓兵のイニシアチブ +3

どのスキルにも派生しない位置にあるため
弓兵を運用したいという明確な意思がなければ習得しにくいが
習得した後の弓兵の強さは特筆すべきものがある
特にエルフやレンジャーは常に先手を取るようになり,与えるダメージも増大する
弓兵をメインに使っていくならば習得して損はないだろう

・激怒(Anger)
攻撃時と被攻撃時に得られるヒーローの憤怒の量が増加します
力のルーン: 8 magic_rune魔法のルーン: 2
憤怒の増加量 +20%
1 ヒット毎に憤怒 +1

力のルーン: 9 magic_rune魔法のルーン: 2
憤怒の増加量 +40%
1 ヒット毎に憤怒 +2

力のルーン: 11 magic_rune魔法のルーン: 2
憤怒の増加量 +60%
1 ヒット毎に憤怒 +3

憤怒スキルの使用頻度に直結する重要スキル
自身の憤怒の溜まり具合を見て,取得するレベルを決めるといいだろう

・狂戦士(Berserker)
戦闘前に怒りで我を忘れた兵団を鼓舞し
敵に対し 2 倍のダメージを与えることができるようになります。
力のルーン: 10
2 倍ダメージを与える確率: 5%

力のルーン: 10
2 倍ダメージを与える確率: 10%

力のルーン: 10
2 倍ダメージを与える確率: 15%

発生確率こそ低いもののダメージが倍増するのは強烈
狂戦士が発動した時には,与えるダメージは凄まじいものになるだろう

・憤怒の盾(Shield of Rage)
各ターンの開始時に, 兵団は憤怒により渾身の力を振り絞って
不利な状態異常を打ち消すことができるようになります
力のルーン: 7 精神のルーン: 1 magic_rune魔法のルーン: 1
各ターン開始時に不利な状態異常を打ち消す確率: 10%

力のルーン: 7 精神のルーン: 2 magic_rune魔法のルーン: 2
各ターン開始時に不利な状態異常を打ち消す確率: 20%

力のルーン: 7 精神のルーン: 3 magic_rune魔法のルーン: 3
各ターン開始時に不利な状態異常を打ち消す確率: 30%

不利な状態異常は嫌らしいものが多いので
その効果を打ち消してくれるのはありがたい
3 まで上げればかなりの確率で状態異常を打ち消してくれるだろう

・凍てつく憤怒(Icy Rage)
ヒーローの憤怒スキルに
北方からの猛烈な氷のブレスを付与することができるようになります
力のルーン: 8 magic_rune魔法のルーン: 1
憤怒スキルのクリティカル率: 3%
ヒーローの憤怒スキルに 2 ターン凍結の状態異常が付与される確率 25%

力のルーン: 9 magic_rune魔法のルーン: 2
憤怒スキルのクリティカル率: 5%
ヒーローの憤怒スキルに 2 ターン凍結の状態異常が付与される確率 50%

力のルーン: 10 magic_rune魔法のルーン: 3
憤怒スキルのクリティカル率: 7%
ヒーローの憤怒スキルに 2 ターン凍結の状態異常が付与される確率 75%

憤怒スキルのクリティカル率が増加する
また,凍結状態付与の対象となるのはヒーローの憤怒スキルに限定されるが
高レベルの Viking Vortex に凍結状態が付与されるのは非常に強力
憤怒の活性のレベルを上げるのであれば
こちらのレベルも上げると相乗効果が期待できるだろう

・血の渇望(Bloodlust)
血の渇望は戦闘後も継続します
また, 最大憤怒も増加します
力のルーン: 14
最大憤怒 +5
最大憤怒の 15% が最低限維持される

力のルーン: 14
最大憤怒 +10
最大憤怒の 25% が最低限維持される

力のルーン: 14
最大憤怒 +15
最大憤怒の 40% が最低限維持される

最大憤怒が増加するのは素晴らしい
また,フィールドマップ上において
時間が経過しても憤怒が一定の値以下には減少しないようになる
これは,戦闘開始直後に憤怒スキルが使用できるということであり
高レベルの血の渇望を習得すれば有利に戦闘を進めることができるだろう

・絶対憤怒(Absolute Rage) *ヴァイキングのみ習得可能
クリティカルヒットのダメージが増加し
反撃時にクリティカルヒットが発生するようになります
また, ダメージを受けた後に兵団の攻撃力が増加します
力のルーン: 14
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 10%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +50%
クリティカルヒットのダメージ +10%

力のルーン: 15
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 25%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +75%
クリティカルヒットのダメージ +25%

力のルーン: 16
ダメージを受けた後, 2 ターンの間, 攻撃 +25% となる確率: 50%
反撃時のクリティカル率: 通常時 +100%
クリティカルヒットのダメージ +50%

ヴァイキングのみ習得可能なスキル
攻撃を受けた時の攻撃増加と反撃時のクリティカル率増加ということで
前線で戦うユニットが特に恩恵を受けるだろう
また,クリティカルヒットのダメージが増加するのも見逃せない
ただでさえダメージの高いクリティカルがさらに強化されるわけである
習得クラスが限定されているのに相応しく,非常に強力なスキルといえるだろう

・ルニックパワー(Runic Power)
憤怒スキルのダメージが増加し
1 ターンに 2 回憤怒スキルを使用できる可能性を発生させます
力のルーン: 7 精神のルーン: 3 magic_rune魔法のルーン: 3
未使用のルーンがある毎に
増加する憤怒スキルのダメージ +1% (最大 +20%)
未使用のルーンがある毎に
憤怒スキルを再使用できる確率: 1% (最大 20%)

力のルーン: 7 精神のルーン: 3 magic_rune魔法のルーン: 3
未使用のルーンがある毎に
増加する憤怒スキルのダメージ +2% (最大 +40%)
未使用のルーンがある毎に
憤怒スキルを再使用できる確率: 2% (最大 40%)

力のルーン: 7 精神のルーン: 3 magic_rune魔法のルーン: 3
未使用のルーンがある毎に
増加する憤怒スキルのダメージ +3% (最大 +60%)
未使用のルーンがある毎に
憤怒スキルを再使用できる確率: 3% (最大 60%)

ここでいう未使用のルーンとは,ヒーローが所有しているルーンのことである
つまり,このスキルの力を引き出すためには
ある程度ヒーローのルーンを余らせておく必要がある
未使用のルーンの数は 3 種のルーンの合計値となっている
制約がそれなりに大きいが
憤怒スキルが再使用可能になると共にダメージも増加するのは大きな魅力
いずれのクラスでもレベル 3 まで上げるべきスキルだろう


以上で力スキルの解説を終わります
強力なスキルが揃っているため,ビルドには頭を悩ませることになるでしょう
関連記事
2013-03-28 : ヒーロースキル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。