スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

King's Bounty: Dark Side リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
steamKing's Bounty: Dark Side がリリースされました
Kings_Bounty_Dark_Side_Header.jpg
Steam の価格が日本円になりました

King's Bounty: Dark Side が 2,480 円
King's Bounty: Dark Side Premium Edition が 2,980 円となっています

Kings_Bounty_Dark_Side_Price.jpg
Premium Edition には
Dark Side Cookies というボーナス DLC が同梱されています
同 DLC の特徴は以下のとおり:
・Clot of Darkness Amulet の効果により,Gold や Exp にボーナス
・2 箇所の追加ロケーション
・十数個以上の追加クエストや新ユニット


以前,当ブログで書いた記事のまとめはこちら
簡単な紹介早期アクセス開始トレーラーと発売日公開

本作はヒーローのクラス毎に異なる種族となっているのが特徴です
ウォリアーを選ぶとオーク
パラディンを選ぶとデーモネス
メイジを選ぶとヴァンパイア
といった具合です

今までの作品ではデーモンとアンデッドを序盤から主力とするのは厳しかったので
本作でどのような戦闘バランスになっているのか,興味深いところですね
関連記事
2014-08-20 : King's Bounty: Dark Side : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
買いました。WotNはAPの進化系という感じだったと思いますがDSはいろんな部分が変わってます。
例えばスキルツリーはかなり見直されてますね。ユニットのスキルも結構変わってます。味方を再行動させるスキルがパラディンからナイトに割り当てられてたりとか。
ヴァンパイアのインポッシブルでやってますが、難易度も上がっていると思います。召喚系のスクロールさえ手に入れば何とかなってしまうというのは変わっていませんが…
2014-08-28 01:29 : mag URL : 編集
No title
>>magさん
ナイトはドラゴンスレイヤーとサークルアタックしか強みがなくて
ステータスもスキルもパラディンに負けていたので
セカンドウィンドがナイトに移ったのはなかなか良い調整かなと思います

スキルツリーも気になるところですね
WotNでかなり洗練されてきているなと感じていたので
どのように見直されたのかは興味深いです

私の場合,Ice and Fire の件もあって購入はもう少し先になるかと思いますが
実際の戦闘バランスを想像しながら楽しみに待っています
2014-08-28 07:05 : sct33 URL : 編集
No title
パラディンはちょっと回復支援のスペシャリストになり過ぎてた気はしますね。特に今回はスキル使用回数のリチャージが楽になっているので…

スキルツリーは要らない子が居なくなっている感じです。マジッククリスタルの消費を減らすスキルが他のに統合されてたり、あと偵察から知性上昇が削除されてるので、レベルを上げるかどうか好みが分かれる仕様になってます。

KBの場合後からプレイする方がいい感じはしますね。バグが修正されてるはず…なので。まあ、今回は先行アクセスで既に色々発見されて直ってるとは思いますが、まだまだ残ってます。
2014-08-28 23:25 : mag URL : 編集
No title
WotN ではパラディンとルーンメイジの組み合わせが凶悪でしたもんね
仕方ないかと思います

スキルツリーもより洗練されている,といった感じでしょうか
マンネリと言われていますが,打破のために色々試みているようですね

バグの件は WotN の開発が引き続き行っているということもあるかもしれませんね
評判の良かった Katauri Interactive は Royal Quest に注力しているんでしょう

Dark Side とは関係ないのですが
Bundle Stars: Valhalla Bundle によって
プレイ人口が少しでも増えればと思っています
2014-08-29 06:39 : sct33 URL : 編集
No title
確か無印ではファントムが実質的に無制限に使用可能でしたね。

開発が別とは知りませんでした。それなら、WotNは引き継ぎ?という感じで保守的にやってて、DSは思い切ってアレンジしてる?という感じでしょうかね。ゲームデザイン的にはWotNよりかなりマシになってますよ。

普及を考えると和訳したいですねー。WotNの時にはとてもお世話になりました。
ところで質問なのですが、メインクエスト部分から翻訳されてましたけど、どうやって判別してますか?ファイル名を見てもどれがどのクエストに関連するテキストなのかちんぷんかんぷんなので・・・


2014-08-30 03:48 : mag URL : 編集
No title
Warriors of the North と Dark Side は
いずれも 1C-SoftClub が開発しているようです
http://store.steampowered.com/search/?developer=1C-SoftClub

翻訳の判別ですが,まず全て手作業でファイル名とキャラをメモっていきました
chat は 441 個,quest は 131 個あったので
かなり泣きが入る作業でした

まとめてからはプレイしながらキャラの登場場所を確認しつつ
少しずつ翻訳していった感じですね

クエストに関しては
http://forum.1cpublishing.eu/showthread.php?t=37246
の pdf を見ながら発生場所と対応キャラを確認していきました

いつかまとめたものを記事にするつもりではあったんですが
需要がありそうなので来週の更新ネタにしようかなと思います
441 個もあるため,かなり縦長になってしまいますし
見たい方だけ見れるように表は追記部分に書く予定です
2014-08-30 07:08 : sct33 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。