スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

MOD 紹介: ArenaPlus

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
Mount & Blade: Warband には様々な MOD が存在しますが
Native (バニラ) の仕様をある程度把握できた方が次にプレイする MOD として
個人的には Native の調整,拡張版である Call to Arms をお勧めしています

Mount&Blade : Warband @ wiki - Call to Arms

現在では Call to Arms に戦闘システムの拡張を加えた MOD である
Call to Arms: Advanced Warfare をベースとして
さらに,兵種とアイテムを追加した MercenaryPlus を入れた状態が
色々楽しめて良いのではないでしょうか

12/14 現在の最新 ver は
Call to Arms: Advanced Warfare が ver2.4 → ver2.4b Patch
MercenaryPlus が v2.5 となっています
MP2.5 の範囲攻撃の味方へのダメージを無効化する scripts.txt は こちら

ここからさらに MercenaryPlus v2.5 用として ArenaPlus という
闘技場の模擬戦を拡張した MOD が配布されていたので
少しプレイしてみたところ,かなり面白く感じました
そこで,今回は ArenaPlus について紹介していきます

なお,Call to Arms: Advanced Warfare は本体 ver1.153 に対応しています
steamMount & Blade: Warband を購入した方は
最新 ver にアップデートされてしまいますので
こちら から ver1.153 をダウンロードして,別フォルダにインストールして下さい

・ArenaPlus の導入


ArenaPlus は他の MOD と異なり,ArenaPlus.txt という形で配布されています
そのため,適用するためには TinyModPatcher を使用する必要があります

TinyModPatcher の DL 先はこちら: Ver0.6Ver0.7

基本的には TinyModPatcher に同梱されている readme を読めば
使い方はある程度わかると思いますが
事前に必要なことがあるので,補足的に書いていきます

TinyModPatcher を使用するためには Python をインストールする必要があります
ver は 2 から始まっているもの推奨とのこと
現在の ver は Python 2.7.8,DL 先は こちら

こちらも参考にどうぞ
Mount&Blade @ wiki - 環境の準備

インストール後,どのディレクトリからでも Python を呼び出せるように
Path の設定をする必要があります
環境変数PATHの設定 - 環境設定と動作確認 - Pythonインストールと環境設定

これで事前準備は終了です
後は TinyModPatcher の readme を読みながら作業すれば
導入できるかと思います

※ できない場合
readme と同じことの繰り返しになってしまいますが

・Python の Path が合っているか
・module_info.py を書き換えているか
# のついていない export_dir を変更すれば OK
・書き換えた出力先ディレクトリを予め作っているか
を再確認しましょう

2ch M&B MOD スレ 31 において
ArenaPlus で追加される模擬戦に出てくるキャラクターが全て自キャラに
なってしまったというレスがありましたが,実は私も同様の状況になっていました

その時の対応策は
・それぞれのパスやディレクトリが正しいか確認
・複数回 準備 → 適用 → コンパイル を試してみる
で無事動作するようになっていました
参考になれば幸いです

・ArenaPlus の概要

ArenaPlus を導入すると,選択肢が以下のように拡張されます
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus.jpg
ArenaPlus 設定では金銭やアイテム報酬の ON/OFF 切り替えを行うことができます

ArenaPlus Fights をクリックすると参加キャラの選択画面になります
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus2.jpg
自キャラだけでなく,コンパニオンも操作することが可能です

次に対戦相手について
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus3.jpg
6 つの勢力がそれぞれ 2 つずつ
Mercenary とヴァルキュリアが 2 つずつ
Unique と ???? の合計 18 種類となっています

ArenaPlus Fights では,現在装備しているものを使用して戦闘することができます
ただし,馬が怪我してしまう可能性があるため
馬が瀕死の場合はできるだけ馬から降りる方がいいでしょう

また,ArenaPlus Fights では敵を倒すと HP が 2 ずつ回復します
この仕様により,序盤で致命的なダメージをくらってしまった場合でも
状況によってはリカバリーすることができます
HP 回復については設定で ON/OFF 切り替えが可能となっていますので
自身の判断で調整するといいかと思います


・アイテム入手条件
アイテム入手条件は大きく分けて 2 つ

I: 倒した敵兵が 45 以上かつ勝ち残った場合
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus9.jpg
このように対戦相手の装備品一式を入手することができます
さらに,50 人以上倒すことができた場合は
名匠や壮麗等の高品質なアイテムになります

II: 倒した敵兵が 10 以上で I の条件に満たない場合
対戦相手のアイテムの中からランダムで入手します
倒した数によってアイテムの状態が変化します

※ II に含まれてるアイテムが欲しい場合は
一定数倒した後にTABで抜けるなどして勝利フラグを付けずに終了すると良いです
※ 倒した数が多い程よいアイテムが入手できますが,そうでない事もあるようです
(ArenaPlus_Readme より)


Mercenary 1,Mercenary 2,Unique の試合では
戦闘開始時にボーナス troop が設定されます
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus4.jpg
ボーナス troop は戦闘毎に変化します

ボーナス troop を倒すと,倒した敵兵が +1 されます
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus5.jpg
Mercenary 1 では 55 人以上倒すと強力な鈍器を入手できますので
ボーナス troop を積極的に狙っていきましょう

スワディア 2 ~ サラン 2 の試合には王位継承者と君主が出現します
王位継承者は 残りの敵兵: 15 (クリックで画面全体を表示) で出現します
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus6a.jpg

なお,王位継承者を倒した場合,倒した敵兵が +5 されます
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus7.jpg
アイテム報酬の品質を高めるため,率先して倒していきましょう

君主は 残りの敵兵: 10 (クリックで画面全体を表示) で出現します
MB_Warband_CtA_AW_ArenaPlus8a.jpg
君主を倒した場合,固有アイテムを入手することができます
強力なアイテムが揃っているため,こちらもできれば狙っていきたいところ

・ArenaPlus の利点

ArenaPlus を導入したことで,感じた利点を書いておきます

・ゼリナを仲間にすることができる
ゼリナは闘技場以外でも行動を共にすることができるため
他のコンパニオンとほぼ同等の取り扱いとなります

・操作キャラをコンパニオンにすることで集中的に育成することが可能
コンパニオンのレベルを上げたい時に非常に便利
他に特定のコンパニオンの経験値を一気に稼ぐ方法として
通常の戦闘で指揮官交代を行う
コンパニオンの数を減らして賊リーダークエストを達成する等がありますが
こちらは熟練度も稼ぎつつ,リスクなく連続して戦闘を行うことができる点が魅力的

・非売品を入手する機会が増える
倒した数によってアイテムの品質が変化するので
良い装備が出るまで続けてプレイしてしまうことも

ただ,強力なアイテムを比較的容易に入手することができてしまいます
そのため,アイテム報酬に関してはモチベーションを保てる範囲内で
ON/OFF の調整をするといいでしょう

※ ヴァルキュリア 1 における最高のアイテム報酬や
ボルチャイベントによって入手するアイテムは
今後の戦闘バランスに重大な影響を与えます
モチベーションが低下してしまう可能性がありますので,注意して下さい

個人的にはそれ以外のアイテムは許容範囲内でした

・追加ユニットの傭兵達と戦うことができる
対戦相手として Mercenary 1 か 2 を選択すると傭兵達を相手に戦うことになります
アイテム報酬は Mercenary 1 が武器,Mercenary 2 が防具となっており
いずれの場合も非売品を入手することができます
その代わり,傭兵達はかなりの強さを誇っているため
高品質な装備品一式の入手はなかなか難しいバランスとなっています
自キャラ (弓騎兵) の立場としては,ロングボウ傭兵が厄介でした


以上で ArenaPlus の紹介を終わります
導入のハードルが高いことは否めませんが
ずっと闘技場で模擬戦を行ってしまうほどの面白さがあると思います
今回の紹介記事が導入のきっかけになれば幸いです
関連記事

2014-12-14 : Call to Arms: Advanced Warfare : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。