スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Mount & Blade II: Bannerlord Developer Blog 9 - Ethnic Instruments

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
Mount & Blade II: Bannerlord 公式ブログ が更新されています
新しい記事は こちら

mb2_blog9.jpg

今回の記事はゲーム内で使用される楽曲の紹介となっており
ブログ内で各勢力の楽曲を視聴することができます

簡単に要約すると, 主要目的の 1 つは文化や姿勢の観点から
各勢力の特徴を反映した - ある種の賛美歌のような - 楽曲を作成することです
第一段階は, 6 つの各勢力を特徴付ける楽器を見極めることでした

例えば, ヴァイキングスタイルの勢力である Sturgia では
低く, 強い音が出せるダヴル (Davul) やダルシマー, ニッケルハルパを選択しました

Vlanda のテーマの主旋律に関しては, 初めはリラ (Lyra), 次にハーディガーディ
その次にフィドル, そして最後にエスニックフルートで演奏され
ランツクネヒトドラム (Landsknecht Drum) がリズムを担当しています

Aserai では, 数種類のアラビアのパーカッションやウード (Oud) を用いましたが
主旋律は, 近代楽器と比べて音域に制限があるドゥドゥク (Duduk) が演奏しています

とのこと


実際に視聴してみると,確かに勢力による特徴付けがなされているな
という印象を受けました

音楽にも力を入れている Mount & Blade II: Bannerlord
リリースはまだまだ先の話ですが,期待が膨らみますね
関連記事
2015-01-25 : Mount & Blade II: Bannerlord : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。