スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Eador: Masters of the Broken World レビュー加筆

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
steamEador: Masters of the Broken World でレビューを書いてみました

Eador_Masters_of_the_Broken_World_Header.jpg

レビューは こちら


steam で書いたレビューは基本的にブログの記事を要約したものですが
3,000 文字までという文字数制限があったため
予定していたものをかなり省略したレビューとなってしまいました
そこで,今回は加筆したものをこちらに掲載したいと思います


・はじめに


 本作は Eador シリーズの 2 作目であり,Eador: Genesis の 3D リメイクとなるファンタジーターン制ストラテジーです。本作の仕様については,一旦理解すればそれほど難しくはないものの,情報量が多く,独特な要素があるため,何をすればいいのかわかりにくい,といった部分もあるかと思います。そこで,本レビューでは Eador: Masters of the Broken World の概要と特徴を中心に紹介します。
 なお,本レビューはキャンペーンモードでのプレイを前提に記述しています。

・Eador: Masters of the Broken World 概要

 Eador: Masters of the Broken World では,自国の領土を拡大,開発して繁栄させると共に,軍備を拡張し,敵勢力を滅亡させることが最終目標です。すなわち,eXplore (探索),eXpand (拡張),eXploit (開発),eXterminate (殲滅) 以上 4 種類の 'X' で構成される 4X Strategy のゲームといえばわかりやすいでしょう。
 プレイヤーは Shard と呼ばれる小さな世界を選び,その Shard に存在している敵の本拠地を制圧すれば勝利となります。本作の世界観は,宇宙空間を漂う無数の Shard で構成され,各 Shard はそれぞれ固有の地勢や住人を有しています。
 ゲームの基本的な流れとしては,4 種類のヒーローのいずれかを選択し,雇用することから始まります。ヒーローはプレイヤーの分身的存在であり,ヒーローを用いて探索や領土拡大を行っていくと共に,プレイヤーは俯瞰的な立場から,各施設の建設を行って自国を繁栄させていくことが目的となります。

・ゲームの進め方

 本作をプレイするにあたって,重要なのは基本的なルールを把握することです。覚える必要があるのは 資源の意味1 ターンに 1 回行えることの把握 となります。
 まずは資源 (Resource) について,本作には複数の資源がありますが,最も重要なものは GoldGem の 2 種類です。Gold は施設の建設やアイテムの購入に加え,雇用しているユニット及びガードへの給料を支払うために必要となります。他方,Gem は建設,購入,給料支払いに加え,ヒーローが Spell (呪文) を詠唱する時や Ritual (儀式) を行う時に必要となります。Gem は建設のみならず,ヒーローの呪文詠唱にも関係してくるため,建設で Gem を使い果たしてしまい,戦闘でヒーローが呪文を使うことができない,というような状況も起こり得ます。
 次に 1 ターンに 1 回行えることについて,本作では,施設の建設 (拠点),施設の建設 (拠点以外),領地のガードの設置,儀式 (Ritual) が 1 回のみ認められる行動となっています。
 第一に 施設の建設 (拠点) について,施設を建設することによって収益が増加したり,アイテムや魔法,ユニットの取り扱いを増やすことができます。
 第二に 施設の建設 (拠点以外) について,拠点以外も施設を建設することができます。ただし,どこか 1 箇所の施設を建設すると,当該ターンにおいて他の領地の施設の建設が不可能となってしまう点に注意が必要です。
 第三に 領地のガードの設置 について,ガードは敵ヒーローや他勢力が領地を襲撃してきた場合にヒーローの代わりに戦ってくれる役割を担っています。同じマスにヒーローがいた場合,ガードとヒーローのどちらが敵を迎撃するかを選択することができます。
 第四に 儀式 (Ritual) について,儀式は Gem を消費して Buff や Debuff を与えることができる行動です。効果は様々ですが,例えば,ヒーローの移動速度増加,1 兵団の HP 回復,領地の住民感情改善というように,痒いところに手が届くような効果が数多く用意されています。それぞれクールタイムが設定されているため,乱発は不可能なバランスとなっています。

・それぞれ強みのある 4 種類のヒーロー

 本作で特に重要な選択となるのがヒーローの雇用です。

eadorss_hire_hero.jpg

 各ヒーローの性能は以下のとおり

ヒーロー特徴
Warrior重装備が可能な近接特化ヒーローであり,攻撃と防御に優れる
Scout弓やクロスボウを使った遠隔攻撃が強力であり,探索も得意
Commander本人の戦闘能力はあまり高くないが,一般ユニットを強化可能
Wizard装備可能な防具は少ないが,呪文を使いこなすことができる

 ゲーム開始時に,上記 4 種類のヒーローの中から 1 人を選んで雇用することになります。入手した武具や呪文はヒーローのみが装備することができます。ヒーローは一般ユニットに比べ性能が突出しており,非常に頼れる存在です。本作では,ヒーロー + 一般ユニット の構成が 1 兵団となります。

・その後の運命を左右するサブクラス選択

 ヒーローが成長し,レベル 10 に到達すると サブクラスの選択 を行う必要があります。この選択によってヒーローの性能が著しく変化するため,Eador において非常に重要なものとなっています。サブクラスは上記 4 種類のヒーローのタイプから選択するものであり,サブクラスの選択は大きく分けて,メインクラスと同じクラスを選ぶ 純クラス (Pure Class)メインクラスと異なるクラス を選ぶ 2 種類となっています。
 例えば,Warrior でサブクラス選択を当てはめると

メインクラスサブクラス結果
WarriorWarriorBerserker
WarriorScoutSlayer
WarriorCommanderHoly Knight
WarriorWizardDark Knight

となります。

 それぞれの特徴を簡単に書いていくと,純クラスは 他のクラスに比べて装備の幅は狭いものの,スキルレベルを 5 までアップグレード可能 となる点が強みです (他クラスはレベル 3 まで)。それだけなのかと思うかもしれませんが,スキルレベル 5 は強力な効果を持っているものが多く,かなりのアドバンテージになり得ます。純クラス以外の場合は メインクラスとサブクラスの両方の特性を併せ持つ ようになります。例えば Slayer (Warrior/Scout) を選択した場合は 重装備可能でありながら,遠隔攻撃も可能 なヒーローとなります。どのクラスを選択したかによって Attribute の最終的な数値がかなり異なるのも特徴の 1 つです。
 さらに,それぞれのクラスには固有の特性も付与されます。前述した Slayer の場合は Poison AttackPoison Shot のスキルを習得済みとなり,遠近両方の攻撃によって相手を毒状態にすることが可能になります。
 以上をまとめると スキルレベル,装備,Attribute,固有の特性 を総合的に勘案して,どのサブクラスを選択するかが Eador の非常に面白いところといえるかと思います。

・プレイ毎に異なる成長を見せる一般ユニット

 本作はヒーローに加え,一般ユニットも含めて 1 兵団という構成であるため,戦闘において,一般ユニットの存在は非常に重要なものになっています。一般ユニットの仕様でヒーローと異なっているものは レベルアップMedal です。
 まず,レベルアップ について,一般ユニットがレベルアップした時はアップグレードの選択肢が 2 つ表示されます。この時どちらを選ぶかはプレイヤーの自由であるため,この選択で一般ユニットはゲーム毎に異なる成長をすることが可能となります。特定のユニットのみ現れる Attribute 増加の選択肢もあり,一般ユニットはレベルアップ時にスキルを習得することもできます。
 次に,Medal について,一般ユニットが抜きん出た活躍をした場合は,その活躍が認められて戦闘後に報酬を与えられることがあります。これが Medal であり,ユニットの行動により授与される Medal も変化します。例えば,Healer's Medal という Medal は,Healing の回復量 +2,使用回数 +1 という効果ですが,これは戦闘時に Healing を複数回使うことで授与される可能性が生じます。この Medal システムは本作の特徴的な要素であり,一般ユニットを劇的に強化することが可能なため,一般ユニットを育成するモチベーション維持に役立つでしょう。Medal は 合計 3 つまで授与されますが,Medal を受け取るか否かはプレイヤーの自由です。そのため,欲しかった Medal ではない,もしくは支払う給料が増加してしまう,といった理由から,敢えてもらわないという選択も十分にあり得ます。

eador_unit_medal1.jpg

・戦闘バランス

 Eador の最も面白いと思われるところがターン制タクティカルバトルの部分でしょう。序盤の戦闘 (特に最高難易度) は,ギリギリのバランスで調整されており,非常に熱い戦いを楽しめます。そんな本作の戦闘において,把握すべきポイントが 地形効果Stamina です。
 まずは 地形効果 について,本作では地形は非常に重要です。例えば,丘の上では Defense (近接防御) が +1 されると共に,遠隔攻撃の射程が 1 増加し,また,森では Ranged Defense (遠隔防御) が +2 される,というように地形を有効活用すると戦闘を優位に進めることができます。ただし,地形によって移動コストが異なるため,ユニットの移動力を考慮する必要があります。
 Stamina は主に特定の地形移動時や,攻撃,反撃時に消費されるもので,本作を語る上で非常に重要な要素となっています。
 Stamina についての詳細は以下のとおり

現在StaminaAttack PenaltySpeed PenaltyDefense Penalty
5-10%00
4-20%-10
3-30%-10
2-40%-20
1-50%-20
0-60%-2-50%

 本作では,1 ターンに何回でも反撃することができますが,反撃をするごとに Stamina を消費してしまいます。そのため,敵に囲まれているユニットの Stamina がいつの間にか枯渇していた,ということも少なくありません。特に Stamina が 0 になってしまった場合,攻撃力のみならず,防御力も大きく減少してしまい,一気に劣勢になってしまいます。したがって,戦闘で勝利するために Stamina の仕様を把握することが重要になります。

・プレイヤーの選択によって数値が上下する Karma

 Karma はランダムイベントや外交のみならず,一般ユニットの編成にも影響を与える重要な概念です。プレイヤーの行った様々な選択によって,自身の Karma は変動します。具体的には,特定の施設の建設,呪文や儀式の使用,イベント,外交,他の領土の征服,ガードの設置によって Karma が変動します。
 プレイヤーの Karma の数値によって 一般ユニットの Morale,発生するランダムイベント,異種族と同盟を締結できるか否か が変化します。


本作のプレイを通じて,個人的に感じた長所と短所は以下のとおり

・長所
ヒーローや一般ユニットの成長要素が幅広く,施設の建設方針によって戦略が変わってくるため,リプレイアビリティが高い

・短所
Tier 上位施設の前提条件及び建設コストが非常に重く,建設する前に展開が終盤になっていることが多いため,上位ユニットや呪文を使うことなくゲームが終了してしまうことが多い


 強力なマジックアイテムの発見やランダムイベント発生等,プレイ毎に異なる展開を楽しめる方や,ヒーロー及び一般ユニットを育成,強化するのが好きな方はお勧めです。本レビューが購入を検討している皆様の一助となれば幸いです。
関連記事

2015-05-03 : レビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ありがたや~
はじめまして、詰んでいたゲームに少しだけ光がww
すごく助かっています!ゲームは(多分)面白いはずなのに足りない脳みそのせいで諦めてましたw
次の記事楽しみにしてます。ちなみにまだチュウトリアルを終わることができてないですw
2015-06-27 16:10 : URL : 編集
No title
ありがとうございます
成長要素のあるタクティカルバトルを重視したターン制ストラテジーということで
ちょっと同ジャンルのゲームとはタイプが異なりますよね
本当はランダムイベント関連を日本語化できたらもっと楽しめると思いますが
やり方もわからず,なかなか難しいのが現状です

次は Spell と Ritual を Magic School 毎にまとめたものを記事にする予定です
2015-06-27 17:41 : sct33 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。