スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

勢力紹介: エルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加
保存して,あとで読みたい方はこちら
Merlassar 島に住んでいる エルフ について解説していきます

訳が気に入らない場合のために,原文も記載しておきます

なお,各種属性耐性は
ユニットのアビリティで増加する分を追加済みの数値となっています
物理 魔法 冷気 霊体

この色のスキルは敵用
この色のスキルは味方(自分)用


・エルフの特徴
Ellinia にある魔法の森の住人
エルフはドワーフやオーク, ヴァイキングを嫌っており
リザードマンやデーモンと戦争しています
また, アンデッドを軽蔑しています


基本性能は高いが,相性が悪い勢力が多い
スカルドのスキル 説得 がない場合は
他の勢力との組み合わせはなかなか難しいだろう


ユニット一覧







それでは個別に解説していきます

・フォレストフェアリー(Forest Fairy)
forest_fairy
通常攻撃: 魔法
属性耐性: 0 0 25 -50 0 0

スキル
・ディスペル(Dispel)
回数: 1
選択した対象の全ての呪文効果を打ち消す


アビリティ
・浮遊(Soars)
この兵団は低い障害物や荒れた地形を飛び越えることができる
・反撃阻止(No Retaliation)
攻撃時に反撃されない
・忘却(Oblivion)
この兵団の攻撃を受けると 50% の確率でスキルが使用不可能になる
・魔法耐性(Magic Protection)
魔法攻撃耐性 25%
・炎に弱い(Vulnerable to Fire)
炎攻撃耐性 -50%
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

エルフ勢の数の暴力的ユニット
通常攻撃が魔法属性であり,軽減されにくいのが強み
レベル 1 ユニットながらアビリティ 反撃阻止 を持っているのも強力
雇用できる数が非常に多いため
大群で売っていない場所ではすぐ枯渇してしまうのが難点
レイクフェアリーよりも優れている点は
ダメージが 1-3 ということである
最大ダメージは非常に強力なのだが,ばらつきが激しいことも事実
ブレスが有効なユニットの 1 つといえる
ディスペルは 1 回しか使えないものの
ヒーローが魔法を使用した後に打ち消したい状態異常が発生した場合等
このディスペルの存在で助かったと感じる局面も多いのではないだろうか
注意すべき点として,炎属性攻撃に弱いということが挙げられる
兵力が激減してしまうと,折角の高火力も発揮できなくなってしまう

・レイクフェアリー(Lake Fairy)
lake_fairy
通常攻撃: 魔法
属性耐性: 0 0 25 0 0 0

スキル
・ハンターズ マーク(Hunter's Mark)
回数: 1
全ての敵兵団の上に魔法のハンターマークを置く
敵に対して弓兵の攻撃は全てクリティカルになる


アビリティ
・浮遊(Soars)
この兵団は低い障害物や荒れた地形を飛び越えることができる
・反撃阻止(No Retaliation)
攻撃時に反撃されない
・妖精の粉(Fairy Dust)
この兵団が攻撃すると, 30% の確率で "ウィークネス" の呪文が発動する
・魔法耐性(Magic Protection)
魔法攻撃耐性 25%
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

エルフ勢の数の暴力的ユニット
通常攻撃が魔法属性であり,軽減されにくいのが強み
レベル 1 ユニットながらアビリティ 反撃阻止 を持っているのも強力
雇用できる数が非常に多いため
大群で売っていない場所ではすぐ枯渇してしまうのが難点
フォレストフェアリーよりもダメージは劣るが
イニシアチブ,スピード,要求統率の点で優れている
特にイニシアチブ 7 は同勢力のユニコーン, Darion王国のホースマンと並び
トップクラスの素早さを誇っており
レイクフェアリーが軍勢にいる場合は容易に先手を取ることができるだろう
スキル ハンターズ マーク は弓兵の攻撃が
100% クリティカルになる優秀なスキルである
エルフ勢にはエルフとレンジャーという強力な弓兵が 2 種類いるので
彼らを雇うのであれば,レイクフェアリーは素晴らしい支援役となる

・ドライアド(Dryad)
dryad
通常攻撃: 魔法
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・ソーン召喚(Summon Thorns)
リロード: 2
ソーンの兵団を召喚する
召喚されたソーンはドライアドの側に立ち, 戦闘が終了するか死亡するまで戦う
召喚したソーンの総統率は @10-13 となる
・エルフの歌(Elven Song)
回数: 1
ドライアドは味方の全てのエルフを鼓舞する歌を歌い
5 ターンの間, イニシアチブが 3 増加する

・ララバイ(Lullaby)
リロード: 3
ドライアドの催眠的な声により
レベル 1-3 の兵団は 1 ターンの間眠りに落ちる
このスキルは精神耐性のあるクリーチャーには効果がない


アビリティ
・浮遊(Soars)
この兵団は低い障害物や荒れた地形を飛び越えることができる
・反撃阻止(No Retaliation)
攻撃時に反撃されない
・忘却(Oblivion)
この兵団の攻撃を受けると 50% の確率でスキルが使用不可能になる
・麗しき美貌(Beautiful)
その美しさに見とれ, 人間男ユニットの攻撃は 30% の確率で回避される
・魅了(Charm)
ドライアドが攻撃すると, 20% の確率で人間男ユニットが魅了され
ドライアド側の軍勢に寝返る
・森の妖精(Wood Fairy)
エントやソーン, フォーンの士気が増加する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

お勧めユニット
リロード型なので,ソーンを無限に量産できる ソーン召喚
5 ターンもの長い間イニシアチブを 3 増加させる エルフの歌
精神耐性のない 1-3 レベルの敵を全て眠らせる ララバイ
どのスキルも非常に強力なものとなっている
ララバイは 1 ターンしか効果がないが
ヒーローやルーンメイジがファントムの呪文を詠唱することで
睡眠状態を維持することもできる凶悪技
基本的に支援をしているだけでも強いのだが
通常攻撃が魔法属性であることに加え,反撃阻止,忘却,麗しき美貌,魅了と
近接攻撃をした場合も十分な強さを持っている
攻撃やクリティカル率の基礎値は低いが
その欠点もあまり気にならないほど優秀なユニットだろう

・フォーン(Faun)
faun
通常攻撃: 物理 魔法
属性耐性: 0 0 10 -10 0 0

スキル
・ファティーグ(Fatigue)
リロード: 3
最大統率 @90 までのレベル 1-4 以下の敵の敵は眠りに落ちる
この効果は 2 ターン続く
・ナイトメア(Nightmare)
リロード: 1
眠っている敵に悪夢を見せる
5-12 ポイントの魔法ダメージを与え, 恐怖により敵は起きる

・フォーンマジック(Faun Magic)
回数: 2
戦死した植物の回復または復活を行い
対象の @10 ポイントの HP が回復する
回復させたい対象はフォーンの近くにいなければならない。


アビリティ
・森の棘(Sting of the Forest)
フォーンは魔法の弾を作り出し, 遠隔攻撃をすることができる
魔法の弾が対象に当たると, 対象の攻撃と防御は 1 減少する
最大で攻撃と防御は -5 まで減少する
・近接攻撃ペナルティなし(No Melee Penalty)
この兵団は近接攻撃も遠隔攻撃と同じダメージを与える
・暗闇恐怖症(Fear of Darkness)
洞窟内や夜間では, イニシアチブが 2 減少する
・木の魂(Spirit of the Wood)
敵植物に対し 200% ダメージを与える
自軍のドライアドのイニシアチブが 2 増加する
自軍に植物の兵団がいた場合, フォーンの力により
その兵団の防御は 4 増加する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

植物のHPを回復させることができる貴重なユニット
通常攻撃のダメージが 3-5 であるのに対して
ナイトメアのダメージは 5-12 と非常に大きい
ナイトメアの最高ダメージは通常攻撃最低ダメージの実に 4 倍である
ファティーグで眠らせてからのナイトメアの連携にはお世話になることだろう
また,自軍にドライアドがいた場合,ララバイとも相性が良い
フォーンマジックは回復させたいユニットの近くにいるという条件が必要だが
要求統率 60 で @10 ポイントのHPを回復及び戦死者の復活をすることができる
インクイジターのリザレクション(要求統率 100 で @7 ポイント回復)と比較すると
その回復量の多さがよくわかるだろう
それでいて使用回数が 2 回というのも心強い
スピードは 4 と優秀なので,他の植物ユニットの近くに行くことも難しくないだろう
ただ,洞窟内や夜間に戦闘を行うと,イニシアチブが 1 になってしまう点に注意

・ワーウルフエルフ(ワーウルフ) (Werewolf Elf, Werewolf)
werewolf_elfwerewolf
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
ワーウルフエルフ
・トランスフォーム(Transformation)
リロード: 2
ワーウルフが人間から狼に変身する
狼形態は牙による攻撃を行う
人間形態が持つ鋭利な刃に比べると
与えるダメージは減少するが, スピードが増加する
さらに, 狼形態はハウリングのスキルを使うことができる
変身中に呪文の効果は全て打ち消される
使用後もワーウルフのターンは終了しない

ワーウルフ
・ハウリング(Howl)
回数: 1
長時間恐ろしい雄叫びを上げる
レベル 1-2 以下の全てのヒューマン, エルフ, ドワーフは恐怖し
50% の確率でそのターンが終了する

・トランスフォーム(Transformation)
リロード: 2
ワーウルフが狼から人間に変身する
人間形態は素早さは劣るが, 防御が上昇し
鋭利な刃により生きているクリーチャーに多大なダメージを与え
さらに出血状態にする
変身中に呪文の効果は全て打ち消される
使用後もワーウルフのターンは終了しない


アビリティ
ワーウルフエルフ
・鋭利な刃(Blades)
ワーウルフの装備しているノコギリ状の鋭利な武器は敵に致命傷を負わせ
対象の戦闘能力が低下する
・夜目(Night Vision)
夜間や地下の戦闘では, 攻撃が 50% 増加する
・再生(Regeneration)
ターン毎にHPが全快する
・寛容(Tolerance)
軍勢にアンデッドがいる場合であっても, 士気ペナルティを受けない
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

ワーウルフ
・野獣(Beast)
炎に弱い (炎攻撃耐性 -10%)
冷気耐性 (冷気攻撃耐性 +10%)
・夜目(Night Vision)
夜間や地下の戦闘では, 攻撃が 50% 増加する
・狂犬病(Rabid)
この兵団の攻撃を受けた敵は, 20% の確率で狂犬病に感染する
・再生(Regeneration)
ターン毎にHPが全快する
・寛容(Tolerance)
軍勢にアンデッドがいる場合であっても, 士気ペナルティを受けない
・人狼(Lycanthropy)
攻撃対象がエルフ, ヒューマン, ヴァイキング, 海賊, アサシンであった場合
30% の確率で, 噛み殺した兵団の 25% がワーウルフへと変貌する
夜間や洞窟内で戦闘した場合, 変貌する確率は倍増する
ただし, ドルイドやメイジ, プリーストは人狼化することはない
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

基本的にトランスフォームで姿を切り替えしながら
通常攻撃を行うだけだが,アビリティが優れているので説明していきたい
エルフ形態が狼形態に比べ,優れている点は
防御,ダメージ,鋭利な刃 である
特に鋭利な刃は相手を出血状態にすることができるため
DoTでさらなるダメージを望める優れたアビリティだろう
他方,狼形態はエルフ形態に比べ
スキル ハウリング に加え,スピード,狂犬病,人狼 の点で優れている
ハウリングは回数こそ 1 だが
複数の敵を強制的に行動終了してしまう強力なスキル
ちなみに使用した後,再びエルフ形態に戻り
その後また狼形態に戻ると使用回数が回復している
スピードが 4 になるのもかなりのアドバンテージ
次に,狂犬病だが,敵は 20% の確率で狂犬病に感染する
感染した敵は敵味方の区別がつかなくなり
見境無く周囲のユニットを攻撃するようになる
最後に,本作で追加されたアビリティ 人狼 だがこちらも強力
確率で戦死者の一部が人狼となって攻撃者の兵団に加わる
蘇生とは異なり,戦闘開始時の兵士数以上に増加するのが特徴
そのため,ヒーローの統率以上の兵力となってしまい
制御不能となることもあるが
自力で兵力を回復(増加)することができるということは
気兼ねなく前線に突っ込んでいけるということでもある
夜目と人狼の存在により,洞窟内や夜間での戦闘において
ワーウルフは恐ろしい存在となるだろう

・エルフ(Elf)
elf
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・ダブルショット(Double Shot)
リロード: 2
一度に 2 本の矢を放ち, 2 倍のダメージ (8-10) を与える


アビリティ
・射手(Shooter)
主要攻撃が炎, 射撃, 投擲などの遠隔攻撃
・スナイパー(Sniper)
遠隔攻撃の距離によるペナルティなし
・近接攻撃ペナルティなし(No Melee Penalty)
この兵団は近接攻撃も遠隔攻撃と同じダメージを与える
・軽快な足取り(Light Step)
罠のダメージを半減する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

優秀な攻撃,ダメージとアビリティ スナイパー により
遠隔攻撃とは思えないほどのダメージを叩き出す
本作はスキルにもクリティカルが発生するので
ダブルショットが通常攻撃の完全上位互換となった
レイクフェアリーのハンターズ マークと組み合わせると
素晴らしいダメージになるだろう

・ドルイド(Druid)
druid
通常攻撃: 物理 魔法
属性耐性: 0 0 25 0 0 0

スキル
・ベア召喚(Summon Bear)
リロード: 2
熊の兵団を召喚する
召喚された熊はドルイドの側に立ち, 戦闘が終了するか死亡するまで戦う
召喚した熊の総統率は @26-32 となる

・アニマルテイミング(Training)
回数: 1
最大統率 @80 までのレベル 1-3 の動物の兵団をあなたの軍勢に引き込む
この兵団は 2 ターンの間, ドルイドの側に立って戦う

・ナチュラルヒーリング(Natural Healing)
回数: 2
3 ターンの間, 対象の HP が再生するようになる
ターン開始時に対象の病気や疫病が治り, 最大 HP の 20% が回復する
兵団にドルイドが 10 名いる毎に
ターン開始時の HP 回復量が 1% 増加し, 最大で 20% まで増加する


アビリティ
・自然の力(Force of Nature)
ドルイドは魔法の弾を作り出し, 遠隔攻撃をすることができる
ドルイドの魔法は対象と周囲の敵兵団にダメージを与える
・魔法耐性(Magic Protection)
魔法攻撃耐性 25%
・調和のオーラ(Aura of Harmony)
自軍の全てのエルフの士気が 1 増加する
・軽快な足取り(Light Step)
罠のダメージを半減する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

熊を召喚し,さらに敵に動物がいた場合,軍勢に引き込むこともできる
動物大好きなユニットである
通常攻撃は敵がまとまっていた場合
複数の敵にダメージを当てることができ,使い勝手が良い
ナチュラルヒーリングは説明文だけ読むと効果が物足りないかもしれないが
レッドドラゴン等 HP の高いユニットにかければ
その回復量により死なせずにすむ局面も出てくるだろう
アニマルテイミングで自軍に寝返らせた場合
うまく他の敵と当該兵団の兵力を削り,2 ターンの効果時間を有効に活用したい
軍勢をエルフ勢多めに構成する場合,調和のオーラも有用だろう

・レンジャー(Ranger)
ranger
通常攻撃: 物理
属性耐性: 0 0 0 0 0 0

スキル
・ポイズンアロー(Poisoned Arrows)
回数: 1
毒の矢を放ち, 8-12 ポイントの毒ダメージを与え, 対象を毒状態にする


アビリティ
・射手(Shooter)
主要攻撃が炎, 射撃, 投擲などの遠隔攻撃
・スナイパー(Sniper)
遠隔攻撃の距離によるペナルティなし
・近接攻撃ペナルティなし(No Melee Penalty)
この兵団は近接攻撃も遠隔攻撃と同じダメージを与える
・ハンター(Hunter)
動物に与えるダメージが 150% 増加する
・軽快な足取り(Light Step)
罠のダメージを半減する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

優秀な攻撃,ダメージとアビリティ スナイパー により
遠隔攻撃とは思えないほどのダメージを叩き出す
要求統率がエルフのほぼ倍になっており
エルフに比べ,攻撃,イニシアチブ,クリティカル率に優れる
ダメージも増加してはいるものの
エルフとの兵力差を考えると,それほどダメージ差が生まれるわけではないだろう
強力な弓兵を 2 種類同時に雇用することができる点がメリットか
前作まではスキルもなく,ひたすら通常攻撃するだけの脳筋仕様だったが
今作で申し訳程度にポイズンアローが追加された
とはいえ,確定で毒状態にすることができるので,かなり有用だろう
ヒーローのスキル 早撃ち や,歪曲魔法 プレシジョン
レイクフェアリーの ハンターズ マーク と組み合わせると
エルフと並んで驚異的な火力役となるだろう

・ユニコーン(Unicorn)
unicorn
通常攻撃: 物理 魔法
属性耐性: 0 0 25 0 0 0

アビリティ
・光の角(Horn of Light)
アンデッドやデーモンに対して 30% の追加魔法ダメージを与える
・魔法耐性(Magic Protection)
魔法攻撃耐性 25%
・美の守護者(Defender of Beauty)
フォレストフェアリーとドライアドの士気が 2 増加する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

イニシアチブ 7,スピード 5 は非常に優秀
通常攻撃しかすることはできないが
物理と魔法の 2 つの属性を有しており,軽減されにくい
さらに,アビリティ 光の角 により
アンデッドやデーモンに対して無類の強さを発揮する
ブラックユニコーンと比較して優れている点は
イニシアチブ,スピード,アビリティ 美の守護者 である
フォレストフェアリーやドライアドと同時に運用したいのであれば
ユニコーンを選択するべきだろう

・ブラックユニコーン(Black Unicorn)
black_unicorn
通常攻撃: 物理 魔法
属性耐性: 0 0 25 0 0 0

アビリティ
・光の角(Horn of Light)
アンデッドやデーモンに対して 30% の追加魔法ダメージを与える
・魔法耐性(Magic Protection)
魔法攻撃耐性 25%
・寛容(Tolerance)
軍勢にアンデッドがいる場合であっても, 士気ペナルティを受けない
・血の制裁(Blood for Blood)
エルフ以外の兵団から攻撃を受けた場合
この兵団の反撃は常にクリティカルとなる
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

通常攻撃しかすることはできないが
物理と魔法の 2 つの属性を有しており,軽減されにくい
さらに,アビリティ 光の角 により
アンデッドやデーモンに対して無類の強さを発揮する
ユニコーンと比較すると,イニシアチブとスピードは劣っているが
より攻撃に特化した性能であるといえる
要求統率がユニコーン 130,ブラックユニコーン 150 と
それほど変わらないのに対し
ダメージはユニコーン 10-17,ブラックユニコーン 12-21 と
ブラックユニコーンが大きく勝っている
その上,ブラックユニコーンを特徴付けるアビリティ 血の制裁 によって
ブラックユニコーンの攻撃能力はさらに高められる
エルフ以外の兵団から攻撃を受けた場合
反撃時の攻撃が 100% クリティカルヒットになるというものだが
この特性はルーン魔法 ラストヒーロー と非常に相性が良い
すなわち,敵の攻撃に対し毎回反撃するにもかかわらず
そのダメージは最大ダメージ 21 からさらに 150% 増加したものとなる
この時の破壊力はエルフ勢の中でも随一であろう

・エント(Ent)
ent
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 50 0 -100 0 0

スキル
・スウォーム(Swarm)
リロード: 1
蜂の群れを召喚する
蜂の群れは対象を刺し 12-15 ポイントの物理ダメージを与え
12-15 ポイントの毒ダメージも与える

・疾走(Run)
回数: 1
この兵団は 2 ポイントの追加アクションポイントを得る
使用後も兵団のターンは終了しない


アビリティ
・植物(Plant)
植物は知性がなく, 動物でもない
また, 以下のような特徴がある:
精神呪文や一定の呪文が無効
炎に弱い (炎攻撃耐性 -100% )
毒耐性 (毒攻撃耐性 +50% )
・木の体(Wooden)
物理攻撃耐性 10%
・絡みつき(Entangle)
近接攻撃時 50% の確率で根が絡みつき
対象のアクションポイントは 1 に減少する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

基本的には近接ユニットであるが
一応スウォームで遠隔攻撃することもできる
イニシアチブ,スピード共に低く,近づくのに一苦労だが
近づくことができれば,アビリティ 絡みつき で敵の嫌がらせをすることができる
また,植物ユニットなので,蘇生することができるフォーンが軍勢にいると相性が良い

・エンシェントエント(Ancient Ent)
ancient_ent
通常攻撃: 物理
属性耐性: 10 50 0 -100 0 0

スキル
・スウォーム(Swarm)
回数: 1
蜂の群れを召喚する
蜂の群れは対象を刺し 50-90 ポイントの物理ダメージを与え
50-90 ポイントの毒ダメージも与える

・疾走(Run)
回数: 1
この兵団は 2 ポイントの追加アクションポイントを得る
使用後も兵団のターンは終了しない
・スウォーム召喚(Summon Swarm)
リロード: 1
別の蜂の群れを召喚し, 敵に放つことができる


アビリティ
・植物(Plant)
植物は知性がなく, 動物でもない
また, 以下のような特徴がある:
精神呪文や一定の呪文が無効
炎に弱い (炎攻撃耐性 -100% )
毒耐性 (毒攻撃耐性 +50% )
・木の体(Wooden)
物理攻撃耐性 10%
・絡みつき(Entangle)
近接攻撃時 50% の確率で根が絡みつき
対象のアクションポイントは 1 に減少する
・敵の知識(Known Enemy)
この兵団はよく研究された敵に対して効果的に戦うことができる
軍勢の指揮官がどの程度敵の特性に精通しているかに応じて
受けるボーナスが変動する

驚異的な HP と,驚異的なイニシアチブ,スピードの低さを持った両極端なユニット
秩序魔法 ピースフルネス をかけるとさらに HP が跳ね上がる
エンシェントエントもエントと同じくスウォームで遠隔攻撃することができるが
こちらは回数型になっている
スピードが 1 のため,1 マスでも離れていると敵を攻撃できない困り者
ヘイストでスピードを上げるか,テレポートで一気に前線まで送り込むのが得策だろう
近づくことができれば,アビリティ 絡みつき で敵の嫌がらせをすることができる
また,植物ユニットなので,蘇生することができるフォーンが軍勢にいると相性が良い


以上でエルフの解説を終わります
ドライアド,エルフ,レンジャー,ドルイドあたりが
クセがなく使いやすいユニットだろう
フェアリー 2 種とブラックユニコーンも上手く使うと強烈なダメージを叩き出すので
是非使ってみることをお勧めします
関連記事
2013-03-26 : 勢力 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sct33

Author:sct33
主にPCの洋ゲーを日本語化したり,様々な情報を書いていく予定です
King's Bounty: Warriors of the North や Eador: Masters of the Broken World のプレイに
少しでもお役に立てれば幸いです

題字: 茶王さん

Steam Profile

Twitter

RSS

Feedly 登録はこちらからどうぞ follow us in feedly

最近記事の RSS

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ページビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。